| 整形外科/リハビリテーション科
整形外科、リハビリテーション科
| 医療法人社団天明会 なかま整形外科 〒330-0071 さいたま市浦和区上木崎2-7-13
メディカルモール新都心2階
|
|
|
|
トップページ
院長挨拶
診療のご案内
院内のご案内
アクセス
 
|
|
遠絡療法

特色1:難治性痛み治療

遠絡療法は「難治性」痛み治療を専門とする治療法で、その点一般的な痛み治療法と一線を画すものです。 遠絡療法を中心に痛み治療をしているペレス・銀座クリニックで受診する患者様は、三叉神経痛・帯状疱疹後神経痛・CRPS TypeT(RSD)・顎関節症・筋緊張性頭痛・股関節症・手足のシビレ・坐骨神経痛など、一般的に治療が難しいとされている症状の患者様がほとんどです。 遠絡療法はこうしたどこに行っても治らなかった難治性の高い痛みやシビレを治療するために研究開発された治療法です。

特色2:瞬間消痛治療効果

遠絡療法によって治療した場合、一箇所の痛み(Pain point)に対して瞬間(数秒)で治療効果が体感できることも決して珍しくありません。 これは、西洋医学では「山崩れ」(痛みの患部)を治療するのに対し、遠絡療法では山崩れによって通れなくなった「道路」(痛みの発生原因)を修復することを目的としていますので、道路が元のようにスムーズに通れるようになると同時に「本来の姿」に戻るからです。

特色3:季節時間

人間の身体は何時も同じ状態ということは有り得ません。 一見何の変化もないように思えますが、様々な「時間のサイクル」の中で常に変化し続けています。 中でも最も大切なものの一つが「季節サイクル」です。 特に日本は季節の変化が明確で、日本人は季節の変化と共に生活し、四季の移り変わりに大変敏感な民族です。 もう一つは「一日の時間サイクル」です。 毎日繰り返される「朝・昼・夜」のサイクルは人体に大きな関係を与えないということは有り得ません。 特に痛みは「感覚」ですから季節や時間の変化から繊細に影響をうけます。 季節に関係なくいつも同じ治療というのでは治療効果は上がりにくいのは当然です。 季節時間の変化に従って治療ポイントと治療方法が変化するのも大きな特色の一つです。

特色4:治療手段は選びません

遠絡療法の中心は理論体系であり治療方法ではありません。 どのような手段を使って治療するかは大切ではありますが、最重要のテーマではありません。 現在、ペレス・銀座クリニックでは患者様の症状に合わせ、@指による按圧、A押し棒による按圧、Bマイナスイオン器具、Cレーザ治療器具、D赤外線治療器具などの手段を用いていますが、ポイントと方法が正しければ、注射・鍼灸治療等上記以外の方法であっても効果は期待できます。 山の頂上に至る方法はいろいろあると同様、痛みを消すという目的を達成するための手段はいろいろあってよいと考えています。

|
|
| なかま整形外科 |